金融市場とはどういう市場か

一般的に金融市場を一言で表現すると資金の貸借取引をする場所ということが出来ます。
金融市場全体はいくつかの個別市場から成り立っています。
調達される資金の性格によって個別市場が構成されます。
取引される資金が中長期か短期化によって資本市場と短期金融市場に区分けされます。
調達される資金の形態で区分けをすると貸出市場と証券市場に分けられます。
資金の使途によって区分けをすれば産業金融と消費者金融に分けることが出来ます。
各種の個別市場が存在していますが、それぞれが複雑に絡み合って資金の需給が調整されています。
どこの国でも中央銀行を頂点にして各金融機関を下部組織としてピラミッドを構成して金融市場が効果的に機能するようになっています。

Microsoft社office365活用セミナー実施

最新投稿

  • 金融市場の活発化で景気UP

    最近の政府の金融政策については、様々な扱いがされていますが、事実として株価が上がり、取引量が各段に増 …

    続きを読む...

  • オーストラリアGDP下ブレで豪ドル急落

    アメリカや日本、欧州などの先進国・地域のみならず、国内総生産(GDP)の内容は、発表された国や地域の …

    続きを読む...

  • 金融市場とニューヨーク市場について

    FX取引は24時間いつでも取引ができます。
    これは世界には複数の金融市場があることを意味してい …

    続きを読む...

  • 金融市場と景気復興への道

    元気だったあの頃を取り戻していくような勢いを最近の金融市場では行っていくような動きが強まっていて、大 …

    続きを読む...